ギター練習の心得3.1〜補足〜

この記事は3分で読めます

こんばんは!

だいぶ冷え込むようになってきましたね。

寒さに弱い私は、朝からしっかり冬将軍にもてあそばれております(泣)
→ただ布団から出られないだけ

皆さんは、冬将軍に下手に逆らわず仲良くやってくださいね(・・意味不明)

さて、昨日の左手の練習は取り組んでいただけていますでしょうか?

これを着実にモノにしていっていきますと、知らず知らずの内に指がギター用に変化していき、「あれっ、コードってこんなに簡単に押さえられたっけ?」「このフレーズってこんな簡単だったっけ?」となっていきますので、地味ではありますが日々必ず実践していってくださいね☆

それでは、本日は昨日の内容の補足説明をさせていただきます!

皆さん突然ですが、ギターを弾き続ける上で大敵となることはなんだと思いますか?

少し考えてみてくださいね☆

・・・

・・・

・・・

・・はい、聡明な皆さんのことなので、お分かりになったかと思います(笑)

私が考えるギターを続ける上でのは、

1. 飽きてしまうこと

2. 弾き続けて手を痛めてしまうこと

・・だと思います。

なぜ、昨日のブログの最後におもむろに「BAD FEELING」を演奏したかと
言いますと、いつまでも初心を忘れてほしくなかったからです。

→「ただ弾きたかっただけっしょ?」というあながち外れていないツッコミは軽く流しまして・・(苦笑)

ギターを弾こうと思った理由って、皆さんいろいろあったかと思いますが、大きな理由のひとつに「こういうギターが弾けたらカッコイイ!」「こんなギタリストになりたい!」っていう憧れがあったんじゃないでしょうか?

だから、昨日のような練習で飽きてしまったり、「あ~、ギターって難しいなぁ。。やめちゃおっかな・・」ってなりかけた時は初心を思い出して、憧れのギタリストの音を聴きなおしてみたり、動画を観返してみて下さい♪

そうすると自然に「やっぱりカッコイイ~~!こうなりたーいっ!」ってなるはずです。

このようにモチベーションを保つことで、『1年後のかっこよく演奏している自分』が出来上がっていくはずです☆
間違いなく練習によって一歩ずつそんな自分に近づいていっていますので、めげずに続けてみて下さいね!

最初は成長が顕著に見えないかもしれません。でも、あるとき点と点がつながって線になり、ある瞬間から急に弾けるようになってきますのでご安心下さいませ☆

そして、次に「弾き続けて手を痛めてしまう」こと。

これは、初心者の頃よく起こります。

手がギター用になっていないにもかかわらず、難しいコードや無理なテクニックばかり長時間練習してしまいますと、、、聞いたことがあるかもしれませんが、『腱鞘炎(けんしょうえん)』と呼ばれる症状が出てしまうことがあるのです。

私は何度かこの症状を体験しているのですが、、、めっさ痛いです(;^ω^A
とてもじゃないけれど演奏なんて出来ません。。マジで。。
しかも、無理して弾き続けてしまいますと、プレイヤー生命にも影響が出てきてしまいます・・。

この症状が出てしまうと1ヶ月とか平気で演奏が出来なくなってしまうので、こうならないようにしないとなりません!
※これだけ弾かない期間が出てしまうとせっかくの練習も台無しになってしまいますしね。。


そこで、出てくるのが昨日の練習なんです♪

スポーツに例えると、ウォーミングアップなしで急にフルマラソンは走りませんよね??
準備運動をしたり、柔軟をしたりして臨むはずですね。

そうしないと、完走できるどころか身体を壊しかねないからです

ギターも身体を酷使するという点では全く同じなんです!

しかも実生活ではおよそ使わないであろう指の形をしたり、手首への負担をかけているわけなので、先ほどのマラソンの例えのように、ウォーミングアップを行わないで弾き続けてしまいますと、腱鞘炎や思わぬ痛みが発生してしまうということにもなりかねません。

重ねて、ウォーミングアップをしていれば弾けたであろうフレーズやコードも弾けない・・なんてお涙もんのオマケ付きで。。

※しつこいですが、本当は弾けたはずなのに「やっぱり俺にはギターは向いてねーんだ!バキッ(ギターを折る音w)」となってしまっている人は実際多いです(T_T)

つまり、逆に言えばウォーミングアップをしていれば成長も早い!ってことなんです♪

ウォーミングアップはいいことだらけですよ♪

しかも、昨日お伝えした練習法はギター指を育てるのに最適です☆

さてさて、だいぶ長くなってしまいましたが、ご理解いただけたでしょうか?

この左手の練習法を日々10分でも行っていると、怪我防止になるだけでなく、成長速度も増しますので、繰り返しでとってもしつこいですが(性格なので諦めて下さい)、、、是非日々の練習に取り入れていって下さいね☆

では、また何かご質問やご不明な点がありましたら何でもコメント下さいね!

それでは!

ブログランキング参加中です☆
ためになったなぁ~~というそこのあなた!是非ポチっとご協力を♪
↓↓↓
人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • pinky
    • 2011年 11月29日

    丁度今、そんな時でした・・飽きたというか・・
    さっきまで弾けてた所が全く弾けなかったり、急に音が飛んでしまって、前よりも弾けてないなって感じてきて、モチベーションが下がってました。もう一度好きになった時の映像をみてその時の想いを思い出してみます。
    左手練習ですが、結構キツイですね。
    私にしてみると右手もブレるので右手の練習にもなりますし、ただ指の押さえだけでなく、綺麗な音をちゃんと出せないと意味ないですよね。
    結構、1フレット、2フレット辺りは指があちこちの方向向いてたりでちゃんと鳴らない事が多いです。
    手を痛めるっていう点ですが、自分の手のサイズに合ってないギターで1ヵ月近く弾いていたので
    指先の感覚が変になって、痛かったです。
    あと、指ストレッチも早く広げたくて強くやっても手を痛めるだけですよね。
    何事も焦って強引にやるのはNGですねぇ。

  1. 勉強になります♪
    繰り返し練習します(*''*)

  2. >pinkyさん
    ちょうどピッタリな記事だったようですね(笑)
    伸びてないな・・って思っている時が、後から見たら一番伸びている時期なんです♪
    何やってもうまくいかない・・って思ってやめてしまったらとってももったいないです。。
    本当はワクワクして始めたことなので、伸びる伸びないを考えるよりも楽しまなきゃ☆
    ちなみに最初は右手と左手のバランスをとるのも大変だと思うので、ゆっくりしたテンポでやることをオススメします。
    本当にゆっくりでいいんです。
    この練習は早く弾くことよりも一音ずつキレイな音を出すことの方が重要なんです♪
    気付いたらどんなテンポでも弾けるようになっていますから(^^)
    手が痛くなった時の対処法も今後ブログ記事にしていきますね。
    ちょっとした対処法がありますので♪
    手が出来上がってくるとどんなギターでも弾けるようにはなるんですが、「痛い」と思いながら続けることは避けて下さいね。
    指ストレッチは絶対最初は無理しちゃダメですよ☆
    まずは半音ずつに慣れてからの方がいいです。
    これが出来たら徐々にやっていったらいいと思います!
    ちなみに私は指ストレッチは何年も経ってから手をつけましたよ(笑)
    それでも問題ありませんでした。
    とにかく出来ることからゆっくりやっていくことが上達への一番の近道なので、一緒に楽しんで行きましょう☆☆

  3. >のんさん
    そういっていただけると嬉しいです♪
    楽しい!って思っていた初心を忘れずにいて下さいね!
    その気持ちを忘れなければ繰り返し練習も嫌にならないはずです☆
    嫌になったら好きなギタリストの動画を観る!
    ・・これに限ります(笑)

    • 八転七起
    • 2011年 11月29日

    いつも楽しく拝見させていただいてます!
    僕もちょうどほんまにタイムリーな記事なんで、「そうそう!」って感じです。
    飽きること←これは無さそうです。
    痛める←やばいです。ストレッチを忘れず頑張ります!

    • pinky
    • 2011年 11月29日

    なかなか、この楽しいっていう感覚が一度下がってしまうと上げるのが大変ですよね。
    初心忘れるべからずですね!!
    私は、ゆっくり弾くのが実は苦手なのです・・。
    だからと言って早く弾くのが得意とかではないのですが・・どうしても、リズムを追いたくなってしまって・・・辛抱強くゆっくり弾くことが一番近道なんですね。
    指ストレッチは一番重要なことかと思ってました。フレット届かないと押さえられないので。
    焦らずとも良いのですね・・・・それでも、右手よりも開いてきているので、無理しない範囲でやりますね。
    アドバイスありがとうございます!
    本当に、いつもPerincoさんには助けれてます。
    このブログの立ち上げのタイミングといい
    本当にありがとうございます~
    頑張りまーす☆彡

  4. >八転七起さん
    今日は皆さんタイムリーみたいですね(^-^)
    手を痛めてしまうと、弾きたいのに弾けない・・というギタリストにとって一番辛いジレンマに陥りますから、お互い気をつけてギターライフを満喫しましょうね♪
    私も腱鞘炎が治りきらず、未だに左手をついて立ち上がる際、激痛が走ります・・泣
    こうならないよう気をつけて下さいね!

  5. >pinkyさん
    おっ、初心を思い出されたようですね!
    良かった♪
    届かないフレットは追わなくていいですよ♪
    いずれ勝手に押さえられるようになりますから(^-^)
    先日の記事にも書きましたが、段階を追ってやっていくことが何よりも大切です。
    このクロマチックに慣れた時には、ストレッチフレーズも難なくこなせるようになっていると思いますよ♪
    また、リズムを追いたくなるのは全然ありです♪
    近々リズムについても書きますので、参考にしてみて下さいね☆
    こちらこそ皆さんのコメントに後押ししていただいてます!
    これからもよろしくお願いします!

  6. 頑張って練習したいたら
    普段は時間がかかる運指が
    少しですが早くなりました!
    やっぱり基礎は大切ですね(^_^)

  7. 左手の練習はベースを使ってしています
    フレッドなどもギターより大きいためギターをやるときにたいへん楽に押さえることが可能なんです(笑)
    毎日練習してますよ!

  8. >雪野 白さん
    おっ、さっそく効果が出ているようですね!日々の積み重ねで更に効果が出ますので続けてみて下さいね♪

  9. >アーモンドφさん
    ベースでやるとストレッチなにもなりますよね。
    お互い楽しんで練習を続けましょう☆

    • SG弾き
    • 2013年 8月21日

    腱鞘炎気をつけます。クロマチックは怪我防止にもなるんですね!!

  10. >SG弾きさん
    基礎練習を積み重ねると怪我を未然に防げるようになりますよ(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ありがとうございます!

応援クリックをいただけると励みになります♪

人気ブログランキングへ

プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

サイト運営者
Perinco(高村尚平)

一人でも多くのギター初心者に挫折せずにギターを楽しんでもらいたい・・そんな想いで悩みや疑問に答える記事を日々更新しています♪

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから

お問い合わせはこちら

高村尚平主催のギター教室

初心者&挫折者救出教室!

http://guitar-shohousen.com/

アーカイブ

カテゴリー

Sponsored Link

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。